ここから本文です

【MLB】スライド登板が田中に恩恵か、中5日で好相性のアスレチックス戦

5/26(金) 11:27配信

ISM

 現地25日、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が先発を予定していたカンザスシティ・ロイヤルズ戦が雨により中止。田中は翌26日に本拠地で行われるオークランド・アスレチックス戦にスライド登板することになった。

 田中は、14日のヒューストン・アストロズ戦で2回途中8失点、20日のタンパベイ・レイズ戦では3回途中6失点と打ち込まれて連続ノックアウト。4月27日のボストン・レッドソックス戦で完封勝利を挙げて以降、5月は防御率10.50、被打率.395と散々な成績となっている。

 キャリアワーストのスランプのひとつと認める田中は、その一方で「身体的には何も問題ない」とも話している。球団側もフィジカル面の不安が見られないかぎり、スランプは長引かないだろうと楽観的だ。

 ジョー・ジラルディ監督は、田中について「球速が落ちたようには見えないし、先発ができない状態にも思えない」とコメント。「登板間隔に余裕ができるのは先発投手にとっていいこと」と、中5日での先発が同投手にとってプラスに働く可能性を示唆していた。

 田中はアスレチックスと相性がよく、過去3度の対戦で3勝0敗、防御率1.31となっている。(STATS-AP)

最終更新:5/26(金) 11:27
ISM