ここから本文です

【NBA】上位指名候補L.ボール、セルティックスのワークアウト参加を断る

5/26(金) 12:10配信

ISM

 今年のNBAドラフト上位指名候補であるUCLA出身のロンゾ・ボールが、ボストン・セルティックスのワークアウト参加を断っていたことがわかった。現地25日、ダニー・エインジ球団社長がラジオ『98.5 The Sports Hub』で語った。

 それによると、エインジ球団社長は「我々は、彼(ボール)にワークアウトへ参加してほしかったが、丁寧に断ってきた」とコメント。セルティックスはドラフトロッタリーで全体1位指名権を獲得しているが、ボールはそれに関心がないようだ。

 19歳のボールは2016-17シーズンにUCLAで36試合に出場し、平均14.6得点、7.6アシスト、6.0リバウンドをマーク。ボールの父親は以前、同選手がワークアウトに参加するのはロサンゼルス・レイカーズのみと語っていた。レイカーズは全体2位指名権を手にしている。(STATS-AP)

最終更新:5/26(金) 12:10
ISM