ここから本文です

寺田心、泣きの演技に高いプロ意識「リハーサルから泣かないと」 高橋ひかるも驚き

5/27(土) 14:57配信

オリコン

 子役の寺田心(8)が27日、JR東京駅イベントスペースで行われたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』プレミアムトークイベントに出席。井伊虎松を演じる寺田は、劇中で披露している泣きの演技について「難しいですけれど、気持ちを作って泣きますね」と明かし、「リハーサルから泣いています。本番だけ泣いてもわからないじゃないですか。リハーサルも泣かないとダメです」と高いプロ意識をのぞかせた。

【画像】寺田心との共演エピソードを話す高橋ひかる

 同席した高瀬役の高橋ひかる(15)も寺田のコメントに「さすがだなと思います」と驚くなか、寺田は「一度気持ちを作ったら涙が出やすくなる」とコツを披露。「目がパサパサになっちゃうときもあるけれど、そういうときはシレっと目薬をしています」とかわいらしい仕草で話したほか、普段は左利きだが、役作りのために右利きの練習をするなど、役作りについて語った。

 井伊直親(三浦春馬)の娘を名乗る高瀬を演じる高橋は「初めて心くんと共演して、『私がお姉ちゃんだよ』って言うときは、虎松がそっぽを向いてしまったのですが、私はなんだかうれしくて。本当に弟ができたような気分だった」と寺田に笑いかけると、寺田も「僕も(高橋と)笑顔が似ているってよく言われて、やったー、ラッキー!って思っています」と喜んでいた。

最終更新:5/27(土) 16:27
オリコン