ここから本文です

まねきケチャ・藤咲真有香、卒業&引退「心身の不調」 メジャーデビュー目前に決断

5/26(金) 18:00配信

オリコン

 6月28日にメジャーデビューを控えるアイドルグループ・まねきケチャの藤咲真有香(19)が、きょう26日をもってグループを卒業、芸能界を引退することが明らかになった。同日、所属事務所がコメントを発表し「心身の不調」によるものと理由を説明した。

【画像】今後4人で活動していくまねきケチャ

 事務所は「この度、まねきケチャの藤咲真有香が、グループを卒業、芸能界を引退することとなりました」と発表し、「心身の不調を訴え、4月上旬より活動を休養しておりましたが、この度、本人より芸能への復帰が難しいと相談がありました」と経緯を説明。続けて「このタイミングで卒業しては、いつか後悔するのではと、幾度と引き留めたものの、最終的には本人の意志を尊重する形となりました」と明かし、「新しい道を選んだ藤咲の未来を、これからは陰ながら応援させていただきます」と結んだ。

 藤咲自身もコメントを寄せ卒業を報告。「心身共に不完全な状態でステージに立つことが続き、色々と葛藤する毎日でした。このような自分の状態で活動することは難しく、(プロデューサーの古谷)完さんと相談の上でしばらく休養を取らせていただきました」と4月の休養に至った心境を告白。その上で「休養している間、自分と向き合い、何度も考えた結果、今の自分では芸能への復帰は難しいとの結論にいたりました」とつづった。

 また「ファンの支えがあったからこそ頑張れました。まねきケチャがこれからという時にこのような決断をしたことを本当に申し訳なく思っております」と謝罪。今後に向け「これからわたしはアイドルではない他の道に進み、自分を確立出来るように努力していきます。この決断を後悔しないように頑張ります」と前を向いた。

 まねきケチャは、2015年8月より中川美優(22)、藤川千愛(21)、藤咲、宮内凛(19)、松下玲緒菜(18)の5人で活動。これまでFORCE MUSICから1stシングル「きみわずらい/妄想桜」(16年4月発売)、2ndシングル「タイムマシン/SPLASH」(同年10月)をリリースしており、6月28日「どうでもいいや/ありきたりな言葉で」でユニバーサルミュージックからメジャーデビューする。

 藤咲はメジャーデビュー曲に参加しているが、本人の意向により卒業を受けての公演などは行わない。

最終更新:5/26(金) 18:20
オリコン