ここから本文です

連携イベント27日開幕 湯川の道の駅 ふくしま産業賞会津9企業・団体

5/26(金) 10:49配信

福島民報

 平成28年度の第2回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)を受けた会津地方の全9企業・団体による初の異業種連携イベント「子どもの夢とおいしいもの祭りin会津」は27日、福島県湯川村の道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」で開幕する。28日まで。
 マストロ・ジェッペット(南会津町)、羅羅屋(工場・会津若松市)、会津ラボ(会津若松市)、おくや(喜多方市)、三義漆器店(会津若松市)、長門屋本店(同)、NPO法人あたご(南会津町)、道の駅あいづ湯川・会津坂下(湯川村)、会津中央乳業(会津坂下町)でつくる実行委員会が主催する。
 子どもの夢を育むものづくり体験と、会津のおいしい食の魅力を発信するコーナーを設ける。このうち羅羅屋はランドセルの生地を使って移動ポケットを作る体験教室を開く。参加費はハンカチ付きで500円、未就学児は300円。
 時間は午前10時から午後4時(28日は午後3時)まで。27日正午からはセレモニーを催す。
 イベントはふくしま産業賞を主催する福島民報社が協力する。問い合わせは道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」 電話0241(27)8853へ。

福島民報社

最終更新:5/26(金) 12:33
福島民報