ここから本文です

【GOLF】池田、J.スピースはトップと5打差34位タイ発進!

5/26(金) 9:47配信

ISM

 米男子ツアーのディーン&デルーカ招待が現地時間25日、テキサス州のコロニアルCCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。池田勇太がイーブンパーで34位タイ、ケリー・クラフト(米)、J.T.ポストン(米)、デレク・ファザワー(米)が5アンダー65でトップタイとなった。

 インからスタートした池田は出だしから2連続バーディを奪うも、12番ボギー、13番パー3ではティーショットを池に入れてしまいダブルボギーを叩く。15番で1つ取り返し、16番をボギーとするも、直後の17番で再びバーディを奪いイーブンパーで折り返す。後半はパーを9つ並べてホールアウトし、34位タイと好スタートを切った。

 一方、5アンダーで首位タイに立ったのはクラフト、ポストン、ファザワーの3選手で全員がツアー初優勝を目指す。1打差4位タイにジョン・ラーム(スペイン)、グラエム・マクドウェル(英)、スコット・ブラウン(米)、2打差7位タイにフィル・ミケルソン(米)、ザック・ジョンソン(米)、ライアン・ムーア(米)ら7選手が続いている。

 その他、2アンダー13位タイにウェブ・シンプソン(米)、昨年全米アマチュアゴルフ選手権を制したカーティス・ラック(豪)、1アンダー24位タイにセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ポール・ケイシー(英)、ビル・ハース(米)。地元優勝&大会連覇を狙うジョーダン・スピース(米)は池田、マット・クーチャー(米)らと並び34位タイとなった。

最終更新:5/26(金) 10:26
ISM