ここから本文です

ノエル・ギャラガー、マンチェスター爆発事件に「この傷が癒えるには時間がかかる」

5/26(金) 16:02配信

BARKS

ノエル・ギャラガーが、故郷マンチェスターで起きた爆発事件について語った。

英国のRadio Xのインタビューで、ノエルはこう話した。「あのアリーナでプレイしたことがあり、あのロビーに立ったことがあり、マンチェスター出身で、若い音楽ファンを狙ったと知り……、言葉がない。言葉は、あるよ。でも残念ながら、放送することができない類のものだ」

◆ノエル・ギャラガー画像

「マンチェスター・アリーナはまた開場するだろう。ああ、俺らは前に進むしかない。アリアナ・グランデがどうするのか、俺には想像もつかない。(もし自分だったら)俺がどう感じ、どう反応するか、わからない。俺はいま、かなり動揺している。でも、もし俺のファンたちだったらって? ワオ……」

「俺にはティーンエイジャーの娘がいる。彼女があの場所にいたっておかしくなかった……」「この特に残虐な行為は、傷が癒えるのに時間がかかるだろう」

事件が起きたマンチェスターでは、木曜日(4月25日)、犠牲者を追悼し、人々が市内の広場に集まり、黙祷を捧げた後、オアシスの「Don't Look Back In Anger」を合唱した。ノエルはその映像をリツイートし「♥マンチェスターの人々」とつぶやいた。

Ako Suzuki

最終更新:5/26(金) 16:02
BARKS