ここから本文です

【映像】3Dプリンターロケット ニュージーランドで打ち上げ試験

5/26(金) 12:41配信

AP通信

(オークランド ニュージーランド 5月25日 AP)― カリフォルニアを本拠地とする小型衛星の打ち上げを請け負う民間の宇宙ベンチャー「ロケットラボ」は25日、ニュージーランドで自社開発の小型液体燃料ロケットの打ち上げ試験に成功した。ロケットは期待に反して宇宙軌道には乗らなかった。

ロケットラボによると、小型の「エレクトロン」ロケットは現地時間25日午後4時20分、ニュージーランド北島マヒア半島の発射台から打ち上げられ、3分後に宇宙空間に達した。

ロケットラボは、マヒア半島の発射台から3回の打ち上げ試験の許可を得ており、今年後半には商業打ち上げをスタートしたいとしており、将来的には週に1回の打ち上げを計画している。

同社は、エンジンの主要部分を独自開発の3Dプリンターに出力して製造したとしており、次回の打ち上げ試験では、積載物を乗せた状態でロケットを軌道に乗せることを目指すとしている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:5/26(金) 12:41
AP通信