ここから本文です

黒板アート甲子園で入賞 工大二高美術コース生2作品

5/26(金) 11:02配信

デーリー東北新聞社

 青森県八戸市の八戸工大二高美術コースの生徒が制作した黒板アート2作品が、3~4月に行われた「第2回日学・黒板アート甲子園」で入賞した。同校は今回初挑戦ながら、審査員から高い評価を受けた。制作に関わった生徒は「機会があれば、またやってみたい」と今後の創作に意欲を示している。

 今大会は、87校から153点の作品応募があった。参加者ごとのオリジナル作品と、大ヒットアニメーション映画「君の名は。」の一場面を模写する特別課題の部の2部門で審査が行われた。

 同校は2部門とも入賞。特別課題の部の制作班でリーダーを務めた中居可南さん(16)=2年=は「難しかったが、背景まで手を抜かずにこだわった所が良かったと思う」と喜びを語った。

 オリジナル作品の原案を企画した日向あかりさん(17)=同=は「みんなで協力して作ったので、入賞は素直にうれしい。また挑戦してみたい」と笑顔で話した。

デーリー東北新聞社