ここから本文です

東日本と東北で雨 落雷や突風にも注意

5/26(金) 5:25配信

ウェザーマップ

 きょう26日(金)は、西日本は広く晴れて気温が上がり、夏日となるところも多くなりそうだ。一方、東日本と東北では広く雨が降る見込みで、落雷や突風にも注意が必要となる。


 きょうは、日本の南岸を進む低気圧や前線の影響で、東日本の太平洋側では午前中を中心に雨が降る見込み。特に関東では午前中が雨のピークとなり、1時間に5ミリ以上の本降りの雨となりそうだ。

 また、午後は上空に寒気を伴った別の低気圧が日本海を進んでくるため、北陸から北の日本海側を中心に、大気の状態が不安定になる。落雷や竜巻などの突風、急な強い雨に注意が必要だ。

 一方、それらの低気圧や前線の影響を受けにくい西日本では晴れて気温が上がり、25℃以上の夏日となる所も多くなりそうだ。

 さらに、週末は天気が回復して広く日差しが戻る見込みで、日曜日は西日本を中心に、再び気温が30℃近くまで上がる所がありそうだ。行楽日和となりそうだが、熱中症に注意が必要となる。(気象予報士・宮崎由衣子)

最終更新:5/26(金) 5:36
ウェザーマップ