ここから本文です

【インタビュー】「グラビアアイドル×ゲーマー」水沢柚乃、過激な生活ぶり

5/26(金) 13:09配信

トレンドニュース(GYAO)

グラビアアイドルの活動を行いながら、「ゲーム実況動画」でも人気を集める水沢柚乃。自撮りの水着やコスプレなどのセクシー写真でアイドル人気を集めながら、そのイメージを覆すゲームの超絶テクニックでも知られている。そのゲームへのこだわりは、知れば知るほど驚かされるばかりで……。

「グラビアアイドル×ゲーマー」水沢柚乃の過激な生活ぶり>>

■19歳にして“過激”と言われることも

「私は今、グラビアアイドルをやっていますが、最初はあまり興味がなかったんです。たまたま見つけたアルバイトとして、撮影会のモデルをやったことが今の仕事につながって、高校3年生から事務所に所属して、グラビアアイドルの活動を始めています。今はすっかり“グラビア好き”ですね(笑)。Twitterに自撮りの写真をたくさんアップしているんですが、私はちょっと露出狂かも(笑)。まだ19歳なので、私に対して“過激”という言葉が使われたりしていて、自分でもちょっとマズいかなと思う時もあります(笑)。でも鏡の前でどれだけセクシーに撮れるか工夫しているんですよ! 家族もグラビアアイドルの活動を応援してくれています」

「グラビアをやりながら、子どもの頃から大好きなゲームを生かして、ネット上に“ゲーム実況”の動画をアップしているんです。親も親戚もみんなゲーム好きだったので、世代は違うんですが、ファミコン(ファミリーコンピュータ)も幼稚園くらいからやっていました。ゲーム実況は中学2年生の頃に見て、そこから自分もやってみようと思いました。なんとなくアップしただけなんですが、予想外に見てくれる人が多かったんですよ。自分が好きなゲームの会社からお仕事いただけると、めちゃくちゃうれしいですね!」

■ゲームに熱中し過ぎでアイドルらしさ吹き飛ぶ!?

「ゲームなしでは、自分の人生をまったく楽しいと感じないかもしれません。もし明日この世からゲームが消えてしまったら、次の日は寝続けると思います。『起きる価値ない』と思っちゃいます。せめて夢の中でゲームしたいです(笑)。お仕事としてゲーム実況を日中にやって、23時頃家に帰ってからも夜中の4時くらいまでやることがあります。本当に1日中ゲームばっかりやっていますね。しかも、プライベートでゲームをする時も誰も聞いてないのに癖でつい実況しちゃうんです(笑)。ゲーム実況をしている時はアイドルであることを忘れられる瞬間です。ただ、ゲームに集中し過ぎて目を細めて口が半開きになった状態で、手だけめちゃくちゃ速く動いている……というヤバイ状態になってしまうこともあるので、本当はゲーム中もアイドルである自覚を忘れちゃいけないのかも(笑)」

「私は旅行先でも行っちゃうくらい、ゲーセン(ゲームセンター)も大好きなんです。高校に入って最初の頃はあんまり友達ができなかったので、なんとなくゲーセンに行って、そこで“音ゲー”(音楽ゲーム)にハマりました。旅行に行くときは、観光本を買って出かけるんですが、ゲーセンは地方によってボタンの中に入っているバネが違うので、ボタンの固さが違うんです(笑)。同じゲームでも、ボタンを押した時に跳ね返ってくるかこないかが変わります。単純にゲーム機が人によく使われているかいないかでも違うし、ゲーセンによって設定が違うこともあるんですよ。ちなみに私は固めのボタンが好きです(笑)」

1/2ページ