ここから本文です

3連覇なるか!?スバル、新型WRX STIでニュル24h参戦…予選1回目はクラス1位

5/26(金) 20:15配信

オートックワン

スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2017年5月25日から28日にかけてドイツ・プファルツ州アイフェル地方のニュルブルクリンクサーキットで開催される第45回ニュルブルクリンク24時間レースに、新型WRX STIで参戦する。

【画像】スバル WRX STI ニュル24hレース参戦車両の画像を見る

ニュルブルクリンク24時間レースへのチャレンジは、2008年以来今年で10年目。新型WRX STIは今年も欧州有力メーカーが多数参戦する2リッター以下のターボエンジン搭載車クラスの「SP3T」に参戦し、同クラスでの3年連続、5度目の優勝を目指す。

参戦車両は、5月24日に発表されたばかりの新型WRX STIをベースに、加速性能とトップスピードの向上を図るために、エンジン出力のアップやパドルシフトの採用、トランスミッションの改良を施すとともに、シャシージオメトリーの最適化、剛性バランスの改善、車体の軽量化、慣性モーメントの低減、フロントダウンフォースの向上なども行い、ベース車の「速く」かつ「意のままに操る」基本性能を極限にまで高めた。

チーム監督は昨年に引き続きSTIの菅谷重雄氏が担当。ドライバーは、2016年までの2連覇のメンバーである、カルロ・ヴァン・ダム選手(オランダ)、マルセル・ラッセー選手(ドイツ)、ティム・シュリック選手(ドイツ)、山内英輝選手(日本)の布陣で挑む。

また今回もスバル販売店から選抜された6名のメカニックがチームに参加し、レースをサポートする。

販売店メカニックの海外自動車レースへの参加は、メカニックの技術力向上により、ユーザーにカーライフの「安心と愉しさ」を届けることを目的とし、スバル独自の取り組みとして1990年より継続している。

2016年までに351名のメカニックがサファリラリーやWRC(世界ラリー選手権)、ニュルブルクリンク24時間レースで活躍してきた。

■WRX STIの予選1回目はSP3Tクラス1位!

5月25日15時45分(現地時間)から予定されていたプラクティス走行はコースクリアに時間を要し、約30分遅れてセッションがスタートした。

STIチームは、まず15日のテストから変更した点をチェックするためグランプリコースを数周走り、その後第一走者の山内選手がオールドコースへと向かった。

1時間40分予定されていたこの走行枠が30分ディレイとなったため、ヴァンダム選手、ラッセー選手、シュリック選手もそれぞれ各1周だけ走行し、レースカーの状態を確認した。

「ドライバーからは、クルマの印象は悪くないとのコメントを受けています。しかし、まだ課題は残っているので、それらを解決に近づけたいですね」と菅谷監督は語った。

公式予選の序盤は、トラフィックが多い中でSTIチームは、 エースのヴァンダム選手がタイムアタック。 しかし、思うようにクリアラップが取れず、9分13秒がベストタイムだった。

山内選手のスティントを挟んで、地元のラッセー選手がタイムアタック。 あたりが薄暗くなりつつある中で、ベストタイムである9分9秒437をマークし、 SP3Tクラス1位タイムとなった。

最終更新:5/26(金) 20:15
オートックワン