ここから本文です

リニア中央新幹線の専用貨物列車が出発進行 その目的とは?

5/26(金) 10:57配信

乗りものニュース

“地の利”を生かした工事

 2027年の品川~名古屋間開業に向け、JR東海が建設を進めているリニア中央新幹線。これにともなう専用の貨物列車が2017年5月26日(金)、走り始めました。神奈川県川崎市の内陸部にある梶ヶ谷貨物ターミナル駅と、同市臨海部の三井埠頭を結ぶ列車で、積み荷は中央新幹線の工事で発生した土砂です。

この記事の画像をもっと見る(13枚)

 中央新幹線は、梶ヶ谷貨物ターミナル駅付近の地下を通過。そして同貨物駅付近には、梶ヶ谷非常口と資材搬入口、線路保守用車両の留置施設が設けられます。

 そのうち、梶ヶ谷非常口と資材搬入口の工事が2017年3月30日にスタート。この工事にともない発生した土砂を輸送するため今回、貨物列車の運行が始まりました。

 鉄道貨物輸送には、ダンプカーなどの営業用貨物車と比べCO2排出量がおよそ10分の1である、道路交通への影響を抑えられるといったメリットが存在。「貨物駅付近での工事」という“地の利”を生かし、環境負荷を低減した形です。

似た事例があった川崎市

 JR東海の中央新幹線建設部 担当部長の永長口昭(ながおさたかあき)さんによると、中央新幹線が梶ヶ谷貨物ターミナル駅付近で工事を行うことになった当初から、同駅付近の工事では鉄道貨物輸送の利用を考慮していたといい、今後、環境への影響を抑えられる鉄道貨物輸送をできる限り活用していくといいます。

 また梶ヶ谷貨物ターミナル駅と川崎市臨海部のあいだでは、川崎市の内陸部で発生した生活廃棄物などを臨海部の処理施設へ運ぶ貨物列車「クリーンかわさき号」が、1995(平成7)年より、環境負荷の低減を目的に運行されています(一般廃棄物の鉄道貨物輸送はこれが全国初)。同様の形になる今回のリニア工事にともなう発生土輸送は、そうした事例の存在によってスムーズに実現した面もあるだろうと、JR貨物 環境事業部の前田 望部長は話します。

貨物線で運ばれた発生土は、船に積み替えられ千葉へ

 貨物列車のルートは、梶ヶ谷貨物ターミナル駅から「武蔵野南線」「尻手短絡線」と呼ばれる貨物線を通り、尻手駅付近で南武線に入って浜川崎駅、続いて鶴見線に入り扇町駅、その先にある三井埠頭へ、というのが基本。三井埠頭へ到着した土砂は、船に積み替えて千葉県に輸送されます。採石場の跡地に運び、その埋め戻しに利用するそうです。

 梶ヶ谷非常口と資材搬入口の工事における発生土の運搬は、状況によって異なるものの、1日あたり最大でダンプ80台分近くになるという想定です。JR東海によると、貨物列車の運行は当面のあいだ1日1往復(機関車を除き9両編成、ダンプ27台分)の予定ですが、できる限り鉄道で運べるよう、ダイヤの調整や車両の増結といった取り組みを積極的に行っていくとのこと。また今回の貨物列車運行にあたり、発生土専用のコンテナが150個、製作されています。

1/2ページ