ここから本文です

「不妊の原因はパートナーかも」と疑う男性たち 調査でわかった男女の差

5/26(金) 17:01配信

BuzzFeed Japan

子どもがほしいけれど、できなかった場合に「自分に原因があるのでは」と考える人の割合は、女性よりも男性の方が少ないことが5月26日、不妊に関する意識調査でわかった。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

【写真】婦人科の検診台で足を開いているときの気持ち

リクルートライフスタイルが今年3月、子どもがほしいと考えている既婚、または恋人がいる20~40代の男女それぞれ1000人を対象にしてインターネット調査をした。

不妊の原因は男女半々とされている。しかし、男性は精子の状態を気にしているのに、医療機関での検査に消極的な実態がある。

1.自分の精子の状態が「良好」だと思う男性62・1%

男性の約90%が健康状態を「良好」と思いながらも、精子の状態を「良好」と思う男性は62・1%と割合がぐっと下がる。

一方、パートナーの精子を「良好」だと考える女性は57・2%で、男性に比べて少なかった。

2.男女とも2人に1人が「精子の状態が気になった」経験

精子の状態が気になった経験があると回答した人は、男性54・8%、女性49・3%だった。

その理由は、男女全体で「子どもがほしいと思っているから」(62・4%)が最も多く、「子どもがなかなかできないから」「若くないと思うから」などが続いた。

3.「自分に不妊の原因があるのでは」と思う男性は女性より少ない

ところが、子どもがほしいと性交渉をしても、子どもができなかった場合に、まず「自分に原因があるのでは」と疑う女性は65・7%いるのに対し、男性は44・7%と少ない。

男性の方が、自分を疑う傾向が少ないが、「パートナーに原因があるのでは」と思う男性は13・4%、女性7・1%であり、2倍の開きがあった。

4.男性の不妊につながると思う原因は?

男女全体で、1位「ストレスを感じていること」(69・0%)、2位「喫煙」(62・6%)、3位「偏った食生活」(59・5%)、4位「過度なアルコールの摂取」などだった。

5.「妊活」への意識は男女ともに高い一方、検査は…

男女ともに約80%が妊活に取り組みたいと思う一方、医療機関で検査を受けたいか問うと「ぜひ受けたい」が男性22・5%、女性31・4%だった。男性の方が消極的であるとわかった。

理由としては「自然にまかせたい」「検査を受けるのが恥ずかしい、抵抗がある」が多かった。

6.「精子の状態を確認して」と伝えられない女性たち

男女ともに4人に3人が、精子の状態を確認してみたい、してほしい、と回答している。

ところが、「確認してほしい」と思う女性の72%が、その気持ちをパートナーに伝えられていない。

専門医「男性が主体的になれば」

調査結果を受け、獨協医科大学越谷病院泌尿器科の岡田弘・主任教授は、男性の不妊治療への参加が遅れていると指摘する。

「不妊治療は男女で一緒に取り組んでいくことが大切です。現在は、男性不妊の専門医も増えてきているので安心して受診をしてほしい」とコメントしている。

最終更新:5/26(金) 17:01
BuzzFeed Japan