ここから本文です

西武・秋山が自己タイ5打点 日本ハム戦だけで6発 逆転で4連勝、ソフトバンクに1・5差

5/26(金) 7:02配信

西日本スポーツ

 ◆西武8-5日本ハム(25日・県営大宮)

 雨の大宮に勝利の虹をかけた。3点を追う6回1死二、三塁。谷元の初球フォークを完璧に捉えた秋山の打球は、右翼席上段のネットに突き刺さった。「自分でも思いがけない当たりだった。驚きです」。豪快な8号同点3ランが、逆転勝利の呼び水となった。

【写真】侍ジャパンの西武・秋山を激励する秋山幸二氏

 2戦連続アーチは今季自身初。日本ハム戦だけで6発目で、昨季の日本一軍団を完全な“お得意さま”にしている。この回に浅村の勝ち越し二塁打が飛び出した後、7回は左腕エスコバーから右前へ2点打。2011年9月11日のオリックス戦に並ぶ自己最多の1試合5打点を稼いだ。

 ファンへの御礼も込めた一発だ。球宴ファン投票はパ・リーグ外野手部門で現在1位。中間発表段階ながらトップに立つのは初めてだ。「WBCの影響もあるでしょうけど本当にありがたい」。15年にプロ野球新のシーズン216安打を記録した後も安定した成績で、球界を代表する存在となった証しでもある。

 チームは今季4度目の4連勝で貯金は今季最多の7。2位ソフトバンクに1・5差と迫り、26日から敵地で首位楽天との3連戦だ。「いい形で勝てているし、上位チームを直接倒して差を詰めないと」。秋山が本塁打を放った試合は6戦全勝。好調なチームの先頭に頼もしすぎるトップバッターがいる。

西日本スポーツ

最終更新:5/26(金) 7:02
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報