ここから本文です

バルセロナ? 「ここならもっと良くなれる」 コウチーニョがリヴァプール残留を明言

5/26(金) 12:11配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今シーズン13ゴール7アシストの大活躍

リヴァプールはプレミアリーグを4位でフィニッシュし、来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグプレイオフ出場権を獲得した。

リヴァプールは今シーズントップ6との直接対決で1度も負けておらず、驚異の勝負強さを見せていた。下位チーム相手に取りこぼしがなければ、優勝争いをしていてもおかしくなかったほどだ。そんなリヴァプールをここまで支えてきたのが、フィリペ・コウチーニョである。同選手は、今季プレミアリーグ31試合に出場し13ゴール7アシストを記録している。その活躍に他クラブは黙っておらず、移籍の噂が飛び交っていた。しかしコウチーニョは移籍を完全に否定している。同選手のコメントを『ESPN』が伝えた。

「僕はここに残る。そしてリヴァプールは結果的に素晴らしい栄誉を勝ち取るだろう。バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリードなどに行けというが、ここならもっと良くなれる。リヴァプールとは長期の契約があるし、噂は記者だけが言っているのものだ」

コウチーニョはリヴァプールに残ることを強調し、タイトル獲得も宣言した。一時はバルセロナ行きが出たほどだったが、24歳の10番はリヴァプールでの未来を選んだようだ。

https://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ