ここから本文です

平均年齢22歳の若武者たちがUEL堂々準優勝! 「ここからたくさんのことを学べる」

5/26(金) 13:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

しっかりと爪痕残す

アヤックスは24日、UEFAヨーロッパリーグ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。アヤックスはユナイテッドの高い壁を崩すことはできず、準優勝で大会を終えている。

アヤックスが決勝に送り込んだのは、平均年齢22歳ととても若いイレブンだ。ここまで若さと勢いで数々の強豪を倒してきたが、圧倒的な経験値を持つユナイテッドの前では差がでてしまった。しかしアヤックスはしっかりと爪痕を残したといえるだろう。守備ではダビンソン・サンチェスが体を張り、攻撃ではバートランド・トラオレが個の力で打開するなど戦い合えることを証明した。試合後の公式記者会見でアヤックスのピーター・ボス監督は、ここから多くのことを学べると語っている。

「退屈な試合となってしまった。両チームともチャンスは多くなかったからね。ファイナルで負けたのだから、とても落ち込んでいるよ。いつものアヤックスを見ることはできなかった。全員の選手が初のファイナルだったんだ。ここからたくさんのことを学び、より強くなるだろう。もしメンバーをこのまま維持できたら、さらに強力になることは間違いないね」

この舞台をこの若さでプレイしていれば、もちろんメガクラブが興味を示さないわけがない。アヤックスにとって全選手を引き止めることは難しいかもしれないが、来シーズンはより強力になることは間違いないだろう。

https://www.theworldmagazine.jp