ここから本文です

ATP最終戦に日本企業が初冠、日東電工が4年間のスポンサー契約<男子テニス>

5/26(金) 11:37配信

tennis365.net

ATPワールドツアー・ファイナルズ

日東電工株式会社(以下Nitto)は25日、テニスのATPツアーシーズン最終戦であるATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で2017年から2020年までの4年間、日本企業で初となるタイトルスポンサー契約を締結したと発表した。

【錦織vsズベレフ1ポイント速報】

今年から「Nitto ATPファイナルズ」として開催される同大会は、男子テニスのシーズンクライマックスを飾るイベントとして、世界のシングルス並びにダブルスから選抜された8選手がシーズン最終戦のタイトルを競い合う世界最大のインドアテニストーナメント。

昨年まではイギリス・ロンドンに拠点を置く国際金融グループのバークレイズがタイトルスポンサーを務めていた。

世界屈指の都市にてこれまで開催されてきた歴史ある大会であり、第1回は1970年の東京大会に遡る。2000年以降はリスボン、シドニー、上海にて開催。2009年にロンドンへ開催地を移し、2020年までロンドンでの開催が決定している。

5月25日、日東電工社長の高崎秀雄氏とATP会長兼社長のクリス・カーモード氏、ATPファイナルズの会場となるO2アリーナの運営を行うAEGヨーロッパ最高執行責任者のアレックス・ヒル氏、Bo・ベッカー(ドイツ)氏がロンドンで記者会見を行った。

会見で高崎氏は「我々がATPファイナルズに協賛することを通じて、テニス人気がさらに高まり、大会で活躍する新しいスター選手が誕生していく姿を見ることを楽しみにしています」と述べていた。

Nitto ATPファイナルズは、11月12日から19日に開催。8選手が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

世界ランク9位の錦織圭は、2014年にATPツアーファイナルズに初出場。昨年は3年連続でトップ8選手に選ばれ、予選ラウンドロビンを勝ち抜き準決勝へ進出。準決勝ではN・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れて初の決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:5/26(金) 11:37
tennis365.net