ここから本文です

医者に聞いてみた。ホラー映画史上最恐の『ムカデ人間』は医学的に可能なのか

5/26(金) 23:10配信

ギズモード・ジャパン

「100%医学的に正確」の真偽のほどは?

自称ホラー好きの筆者ですが、過去に何度か「この映画を見たら自分の中の何かが壊れてしまうのでは」と二の足を踏んだ作品に出会ったことがあります。そのひとつが2009年(日本は2011年)に公開したトム・シックス監督の映画『ムカデ人間』。

【画像】ホラー映画史上最恐の『ムカデ人間』は医学的に可能なのか

「人間の肛門と口を繋いでムカデのような生き物を作る」という人の尊厳を無視した悪魔的設定を事前に知ってしまったら、手放しで見たいと思える人がどれくらいいるでしょうか。

さて、そんな想像しただけで気が狂いそうになる『ムカデ人間』ですが、物好きなシネフィルから絶大な支持を得て大ヒット。傍迷惑なことにその後続編が2本作られました。劇中に何度か「100%医学的に正確」というセリフが登場しますが、これは果たして本当なのでしょうか。

Movie Pilotが、ViceとFilm School Rejectsのインタビューに応じた2人の医者の見解をまとめていました。

映画『ムカデ人間』は医学的に可能なのでしょうかーー?

結論からいうと、不可能。では、なぜ不可能なのか、ルイーズ・オーウェン医師とフィリップ・コークレー医師の意見を紹介します。

【理由その1:窒息/肺炎】

“ 口が塞がれている状況で口に何か入ってきたら本能的にものを飲み込もうとします。しかしそれが大便だった場合、おそらく吐き出そうとするでしょう。しかし、肛門と口を結合されているので、吐瀉物を多少飲み込んでしまうと思います。そうなると窒息か肺炎のどちらかで直ぐに死んでしまうと思われます。

Movie Pilot/Is 'The Human Centipede' Scientifically Possible? “

コークレー医師はこのほか、糞尿に含まれる細菌が傷口から感染することにも言及しています。

【理由その2:敗血症】

“ 糞尿には細菌が多く含まれています。手術直後の傷口から細菌が入って敗血症にかかります。

Movie Pilot/Is 'The Human Centipede' Scientifically Possible? “

敗血症とは、細菌が全身に回ることで臓器がおかされる深刻な病気です。

1/2ページ