ここから本文です

【MLB】前田健太、5回3失点粘投で自身3連勝&4勝目! 自ら逆転V打で白星引き寄せる

5/26(金) 14:14配信

Full-Count

復帰登板の右腕が投打で貢献、ドジャースは貯金「8」

 ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)の本拠地カージナルス戦で復帰登板に臨み、5回3失点で4勝目(2敗)をマークした。左太もも裏の張りで故障者リスト(DL)入りし、5月10日のパイレーツ戦以来の登板で自身3連勝。初回に3失点したがその後は立ち直り、4回には自ら決勝打となる逆転2点タイムリーを放った。7-3で勝利したドジャースはこれで貯金を「8」とした。

【動画】前田健太の逆転タイムリーをドジャースもツイッターで速報

 右腕は注目の復帰登板で初回にいきなり崩れた。先頭のファウラーに中前安打を浴びると、2番パームには四球。続くカーペンターを空振り三振に仕留めたが、4番ジャーコにカーブを左翼線に運ばれ、2点二塁打で先制を許した。さらに1死三塁から5番モリーナにレフト前に落ちるタイムリーを浴びてこの回3失点を喫した。

 それでもその後は徐々に立ち直る。2回は先頭のワカを右飛、続くファウラーを左飛に打ち取り、パームにはヒットを許したが、3番カーペンターを左飛に仕留める。その裏、アトリーのソロ弾でチームが2点差に迫ると、3回はジャーコ、モリーナと連打を浴びて無死一、二塁のピンチを招いたが、ピスコティを一邪飛、ディアスを空振り三振、ウォンを遊ゴロに打ち取り、追加点を与えない。

 4回はワカを遊ゴロ、ファウラーを遊ゴロ、パームを空振り三振と初めて3者凡退で終えると、その裏には打撃で魅せた。プイグのタイムリーで1点差とした直後の2死二、三塁の場面で前田は左翼線を破る2点タイムリーヒット。自身は二塁を狙って憤死したが、貴重な逆転2点打を放った。

 5回もマウンドに上がった右腕は先頭のカーペンターに死球を与えたものの、この日2安打のジャーコを空振り三振、モリーナを投ゴロ併殺に仕留めてリードを死守。自身のバットで4勝目の権利を引き寄せ、マウンドを降りた。

 その後、ドジャースは2番手の柳賢振が4イニングを零封する好投。打線も3点を加えてカージナルスを破った。前田はこの日5回78球で7安打4奪三振3失点で防御率5.08。また昨季4打点を挙げていた右腕はこの日が今季初打点となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/26(金) 14:25
Full-Count