ここから本文です

引退か、それとも移籍なのか “ローマの王子”トッティが言う「新たな挑戦」とは?

5/26(金) 20:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

トッティにとって今季最終節がローマでのラストマッチ

「ローマの王子」として長年チームを支えて来た元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、ついに自身の将来について口を開いた。

ローマの新スポーツディレクターに就任することとなったモンチことラモン・ロドリゲス・ベルデホ氏がトッティの去就について触れたことで、イタリアでは色々な報道が日々なされている。しかし、当の本人はこれまで今後について一切触れてこなかった。

だが、トッティは25日に自身の公式Twitterを更新。「28日のローマ対ジェノア戦が、ローマのユニフォームを着る最後の試合になる。ローマカラーが自分にとって何を意味してきたのか、何を意味するのか、何を意味していくのかは、少しの言葉では言い表せない」と綴り、今季最終節がローマでのラストマッチになることを発表した。

ただ「サッカーに対する愛情は変わらない。情熱もだ。その想いは強く、捨てることなんて想像すらできない。絶対にね。月曜日から再び歩き始めるための準備をしている。新たな挑戦への準備だ」と消えることのないサッカーへの熱き想いも明かしており、現役引退や移籍など具体的なことへの明言は避けている。

はたして、トッティは今季限りで現役を引退し、モンチ氏が言ったようにローマの首脳陣入りをすることになるのか。それとも、噂されているアメリカなどへの移籍をすることになるのか。イタリア代表時代の戦友アレッサンドロ・ネスタがチームを率いるマイアミFCなども獲得に興味を示しているようだが、今後の動向からも目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp/