ここから本文です

藤井四段 破竹の19連勝

5/26(金) 7:47配信

ホウドウキョク

史上最年少の14歳2カ月でプロ棋士となった藤井聡太四段(14)が、19連勝を達成した。
藤井四段は、「大変難しい将棋でしたけれども、終始攻め続けたのが良かった」、「(次への意気込みは?)強い先生ばかりなので、まずは1局1局勝っていきたい」などと語った。
中学生プロ棋士・藤井聡太四段は、都内で行われた竜王戦の予選に臨んだ。
25日午前10時に始まった近藤誠也五段(20)との対局は、激しい攻防の末、午後7時半すぎに藤井四段が勝った。
公式戦の連勝記録は19となり、2005年度の羽生善治三冠(46)を抜いて、史上単独7位。
また、渡辺 明竜王(33)への挑戦者を決める決勝トーナメントに、史上最年少で駒を進めるという快挙も達成した。

最終更新:5/26(金) 7:47
ホウドウキョク