ここから本文です

JTB元社員集団訴訟で口頭弁論

5/26(金) 18:57配信

ホウドウキョク

大手旅行会社「JTB」の子会社の元社員に外貨購入の名目で金をだまし取られた顧客が会社などを訴えた裁判で、第1回口頭弁論が開かれた。
原告の60歳代の女性は、2014年、「JTB関東」の元男性社員から、「相当な割合の手数料を支払う」と、ドルの購入を持ち掛けられ、2,100万円をだまし取られたと主張し、元社員と会社や、親会社のJTBに返還を求めている。
被害にあった女性は「老後のためにためておいた、本当に虎の子のお金です。怒りしかないです」と話した。
同じ被害で既に30人が集団提訴していて、被害額は、およそ4億円にのぼる。
集団訴訟では、元社員に対し、支払いを命じる判決が言い渡されているが、JTB側は、全面的に争う姿勢を示している。

最終更新:5/26(金) 18:57
ホウドウキョク