ここから本文です

砺波工は中越と初戦 北信越高校野球

5/26(金) 0:40配信

北日本新聞

■高岡商、準々決勝から

 6月3日に開幕する第136回北信越地区高校野球大会の組み合わせ抽選会が25日、開催地の新潟市であり、春季県大会を制した高岡商は4日の準々決勝で星稜(石川2位)-新潟明訓(新潟3位)の勝者と、準優勝の砺波工は3日の1回戦で中越(新潟2位)と戦うことが決まった。

 初日の3日は開会式と1回戦4試合を実施。砺波工は同日午後0時半から、高岡商は4日午前10時から、いずれも新潟市のハードオフエコスタジアム新潟で初戦に臨む。決勝は6日午前10時から同球場で行われる。

 大会は富山、石川、福井、長野の4県の代表各2校と開催県の新潟代表4校の計12校が出場する。

北日本新聞社

最終更新:5/26(金) 0:40
北日本新聞