ここから本文です

「イタセンパラ米」を販売 氷見の淡水魚食文化研究会、28日のマルシェで

5/26(金) 1:03配信

北日本新聞

 国指定天然記念物・イタセンパラの保護活動に取り組む氷見淡水魚食文化研究会(代表・西尾正輝氷見市主任学芸員)は、同市万尾(もお)産の「万尾イタセンパラ米」のPR活動を始める。ブランド米化を目指しつつ、昨年急逝した男性の思いを受け継ぐ。第1弾として、28日にひみ番屋街(同市北大町)で開かれるイベント「ひみマルシェ」に出展、販売する。

 万尾イタセンパラ米は氷見市万尾の会社役員、中山俊明さんが専用の水田で、農薬をほとんど使わず栽培していたコシヒカリ。地元に生息するイタセンパラと、それを育む環境の良さを知ってもらおうと始めたもので、2012年に商標登録も行った。

 しかし、中山さんが昨年12月に病気のため亡くなり、今後の栽培が難しくなった。このため、研究会がイベント会場などでイタセンパラ米をPRしつつ、栽培を継承する方法を探ることにした。

 ひみマルシェでは、昨年収穫されたイタセンパラ米を、2合(300グラム)入りの袋に小分けして販売する。米粉を使ったたこ焼きも提供する。

 西尾代表の研究では、万尾地区の水田は、稚魚への餌の供給や産卵期の水深維持などで、イタセンパラが生息する万尾川の環境と密接な関係がある。当日はこうした内容を紹介するチラシも配る。

 西尾代表は「知名度が高まれば、地域のブランド米として新たな可能性が生まれる」と期待する。俊明さんの妻、桂子さん(63)は「夫の思いを引き継いでもらい、うれしい」と話した。 

■多彩なスイーツや農産物/マルシェ、午前10時から番屋街
氷見市内の若手生産者や販売業者らによる7店舗が集う食のイベント「ひみマルシェ~あるまる、まじわる、つながる~」が、28日午前10時から同市北大町のひみ番屋街で開かれる。

 氷見青年会議所(三国博之理事長)が、まちなかの活性化を目指して初めて企画。市場のイメージでひみ番屋街の一角にコーナーを設け、スイーツや地元産の農産物など、各事業者が取り扱うお薦め商品を販売する。イベントを通して事業者間の交流も図る。当日は午後3時まで。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:5/26(金) 10:49
北日本新聞