ここから本文です

ドジャース前田、復帰戦で4勝目!初回3失点も粘投、打っては逆転の2点打

5/26(金) 14:14配信

ベースボールキング

○ ドジャース 7 - 3 カージナルス ●
<現地時間5月25日 ドジャー・スタジアム>

 ドジャースの前田健太は現地時間25日(日本時間26日)、本拠地でのカージナルス戦に先発登板。故障者リストからの復帰登板となったが、投げては5回3失点でまとめ、バットでは自らを助ける逆転の2点適時打を放ち、今季4勝目を掴んだ。



 左太ももの張りにより、10日間の故障者リストに入っていた前田。これが現地5月10日以来のマウンドとなった。

 注目の立ち上がり、先頭のファウラーにいきなり安打を許すと、つづくパームには四球を与えて一・二塁のピンチを招く。3番のカーペンターは空振り三振に斬って取るも、ジャーコにレフトへの二塁打を浴びて2人が生還。先制を許してしまう。

 なおも一死三塁から、モリーナにもセンターへの安打を許して失点。その後、二死満塁というピンチを迎えるも、パスボールで本塁を狙った走者をアウトに取り、なんとか3点で留めた。


 ドジャースは2回に1点を返すと、前田も2回以降はスコアボードにゼロを並べていく。すると4回、ドジャースは二死ながら一・三塁のチャンスを作ると、プイグがライトへの適時打。2-3と1点差に詰め寄る。

 なおも二・三塁のチャンスで、つづく前田は三塁線を破る適時打。二塁を狙った走塁でアウトになるも2人を還し、自らのバットで4-3と試合をひっくり返した。

 ドジャースは5回にもゴンザレスの適時打などで2点を加えると、6回にはテイラーが右中間を破る適時二塁打を放って1点。7-3と着実にリードを広げていく。

 前田は5回まで78球、7本の安打を許して四死球も3つと決して本調子とは言えない中、なんとか3失点でまとめる粘投。6回からはメジャー初のリリーフ登板となる柳振賢が9回までの4イニングを無失点で締め、ゲームセット。7-3でドジャースが勝利を収め、カージナルスとの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。

 前田は前回登板に続く勝利で今シーズン4勝目。バットでも見せ場を作り、復帰戦を見事に白星で飾った。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報