ここから本文です

江本氏、7回のマイコラス続投に苦言

5/26(金) 22:04配信

ベースボールキング

● 巨人 2 - 7 広島 ○
<9回戦 東京ドーム>

 本拠地・東京ドームで首位・広島と対戦した巨人は、2-7で敗戦。2連敗を喫した。

 序盤、マイコラスと岡田の投げ合いは、互いに一歩も譲らぬ投手戦が続いたが、4回に広島・菊池の3号ソロで巨人は先制点を奪われる。

 その後も、巨人は同点に追いつけずにいると、6回、先頭の丸、続く鈴木に連続安打を浴びて無死二、三塁のピンチを迎える。すると、5番・安部、6番・松山に連続適時打を許して、4点差に広げられた。

 続く7回も一死一、三塁から4番・鈴木誠也のレフトへの犠飛で1点を失い、5-0に。続く、安部に死球を与えたところで、マイコラスが降板し、2番手・戸根がマウンドに上がった。

 その回、二死一、二塁でマウンドを託された戸根は、代打・新井を見逃し三振に仕留め、ピンチを乗り切ったが、味方が1点を返した後の8回には、安打や内野のエラーから一死満塁のピンチを迎えると、菊池の適時打と、丸の内野ゴロで2点を奪われ、マウンドを降りた。

 6点ビハインドの巨人は、8回に坂本の適時二塁打で1点を返すも、反撃はそこまで。7-2で敗れて2連敗を喫した。

 マイコラスは7回途中9安打5失点で3敗目を喫した。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏は巨人の敗戦に、「志願であっても、7回のところでマイコラスを変えるべきだった。あと5点とれる可能性がない。そこが流れを悪くしてしまった原因ではないでしょうかね。あそこは流れを変えて、4点差であっても反撃にいくぞと。そうしたからと言って必ずしもうまくいくとは限らないですけど、何か手を打つという場面だったと思いますよ」と振り返った。


(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING