ここから本文です

リカルド「今年一番いい感触。メルセデスの低迷が本物ならうれしいね!」レッドブル F1モナコ木曜

5/26(金) 11:37配信

オートスポーツweb

 2017年F1モナコGPの木曜、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはフリー走行1=5位/2=2位だった。

2017年F1モナコGPでTウイングを導入したレッドブル

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=5位/2=2位
 マシンのフィーリングがどうであれ、このトラックをドライブするのはいつだってすごく楽しいね。

 今のところ、僕らはかなり好調なんじゃないかな。何周かうまくまとめられたし、どの箇所を改善する必要があるのか分かっているので、初日を終えた時点でのこのポジションにはすごく満足している。

 ここではダウンフォースが優れていると感じるし、マシンのリヤに関しては今年ここまでで一番うまく機能しているように思う。もしタイヤをいい形で温めることができれば、土曜日もかなり上位に近付けるんじゃないかな。

 マシンのリズムとセットアップには満足しているから、自信を持って走ることができる。最初の2回のプラクティスセッションを終えた段階で、好調さを取り戻したと感じるのはいいことだ。現時点ではマシンのセットアップに関しては大きく変更する必要はないと思っている。多少の調整を今夜行えば大丈夫だろう。

 新世代のF1マシンでここを初めて走ってみると、少し狭く感じたので、クイックラップでプッシュする際は、それを考慮に入れておく必要がある。ただ最初に言ったように、ここはいつ走ってもすごく楽しいよ。

(FP2でメルセデスが苦戦したことについて聞かれ)あれは変だったね。(不調が)本物なら、最高なんだけどな。でも結局は彼らはうまくやると思うけどね。僕らが土曜にいろいろな要素をすべてうまくまとめることができれば、3チームの戦いになるだろう。

[オートスポーツweb ]