ここから本文です

中家氏が出馬表明 JA全中会長選

5/26(金) 17:01配信

紀伊民報

 元JA紀南組合長でJA和歌山中央会会長の中家徹氏(67)=和歌山県田辺市中三栖=が26日、任期満了に伴う全国農業協同組合中央会(JA全中)の次期会長選への立候補を表明した。農業やJAの評価向上などを公約に掲げ、「自己改革に全力で取り組みたい」と述べた。

 会長選に出馬表明したのは中家氏が初めて。中家氏は2回連続の出馬。前回(2015年)の選挙で中家氏に勝ち、今回退任する奥野長衛会長(70)の方向性については、基本的には踏襲していきたいという。

 中家氏は和歌山市のJAビルで記者会見し「農業やJAの役割、機能、価値が国民に正しく評価されているのかが疑問」とし、評価を高めるために「自己改革に全力で取り組み、展望を開きたい」と語った。

 会長選への立候補受け付けは6月8~15日。立候補者の所信説明会が22日にあり、選挙戦になった場合は地域農協組合長や都道府県中央会会長ら代議員約250人が6月20日~7月5日に郵送投票する。結果を受け、8月10日の総会で決定する。任期は3年。

最終更新:5/26(金) 17:01
紀伊民報