ここから本文です

加賀友禅エプロン涼しげ 北陸新幹線グランクラスで披露

5/26(金) 2:14配信

北國新聞社

 北陸新幹線の最上級車両「グランクラス」のアテンダントが第66回金沢百万石まつりに合わせて着用する加賀友禅エプロンが25日、JR金沢駅でお披露目された。加賀五彩の色合いを取り入れた涼しげなエプロンを身に着けたアテンダント5人は、「特別な気持ちを込めておもてなししたい」と声をそろえた。

 アテンダントは6月2~4日に運行する計29本で、加賀友禅エプロン姿で接客する。主にまつりを見るため石川を訪れたり、帰京したりする観光客に楽しんでもらうため、午前6~8時台の東京発、午後5~9時台の金沢駅発の便で着用する。

 お披露目会にはエプロンの模様を描いた加賀友禅作家の毎田仁嗣さんが立ち会い、「着物のような絵柄のつながり、見た目のかわいさを意識した」と話した。

北國新聞社

最終更新:5/26(金) 2:14
北國新聞社