ここから本文です

かほっくり大きく かほくで児童が苗植え

5/26(金) 2:14配信

北國新聞社

 かほく市特産のサツマイモ「かほっくり」の栽培体験は25日、同市大崎の畑で行われ、宇ノ気小2年生100人が順調な生育を願って苗を植えた。

 大崎甘藷(かんしょ)生産組合やJA石川かほくの職員らが指導した。児童は畝に木製の名札を立て、高さ約50センチの苗を1人5本ずつ植えた。10月に収穫する。組合と同JAによると、かほっくりは農家4軒が約7万平方メートルで栽培しており、今年は140~150トンの出荷を見込んでいる。

北國新聞社

最終更新:5/26(金) 2:14
北國新聞社