ここから本文です

マレーシアに駐在所 タケダ機械が来月、海外販路を拡大

5/26(金) 2:09配信

北國新聞社

 タケダ機械(能美市)は6月、マレーシアに駐在所を新設する。国外に販売拠点を設けるのは初めてで、鉄骨や鋼材を加工する主力の「形鋼加工機」の販路拡大を目指す。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)と北國銀行の協力を得て、クアラルンプール市の商業地区のビル内に開設し、社員1人を常駐させる。

 同社は東南アジアや中国、韓国などに販売代理店を持っており、駐在員は主にアジア地域の市場調査や代理店従業員に対する製品の販売指導を担う。マレーシアに駐在所を構えることでアジアでの製品のアフターケア対応を迅速化し、顧客の取り込みにつなげる。

 マレーシアの駐在所を拠点に海外営業を強化することで、現在13%の海外売上比率を5年後をめどに30%に高めたい考えだ。将来的には駐在所を支店に格上げすることを検討している。

北國新聞社

最終更新:5/26(金) 2:09
北國新聞社