ここから本文です

マンチェスターのために…ポグバとマタ、EL決勝後に思いを明かす

5/26(金) 0:01配信

SOCCER KING

 24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝で、マンチェスター・U(イングランド)はアヤックス(オランダ)を2-0で破り、初優勝を果たした。同試合でゴールを決めたフランス代表MFポール・ポグバとスペイン代表MFフアン・マタが、22日夜にマンチェスターで発生したテロ事件の被害者への思いを語った。イギリス紙『サン』が報じている。

【動画あり】乾貴士がやった! バルセロナ相手にカンプ・ノウで鮮やかな2得点

 ビッグゲームを目前にして地元で発生した惨劇を受け、確固たる決意を持って決勝に臨んだマンチェスター・Uの選手たち。18分に先制ゴールを決めたポグバは「マンチェスター、ロンドン、パリで起きたようなことは、紛れもなく全世界を悲しみに包むものだ。マンチェスター、我々は勝利した。僕たちは被害に遭った方々、そしてイングランドのために戦ったんだ」と試合後に語り、被害者への連帯感を示した。

 一方のマタは「僕たちにとっても、この街にとっても、とても辛い1週間だった。被害に遭った全ての人々のために、どうしても勝ちたかった」とコメントし、アヤックス戦に並々ならぬ思いで臨んでいたことを明かしている。

 またポグバは今シーズンを振り返って、「このタイトルはシーズンはじめからの目標だったし、無事にストックホルムまで来て勝てたことを誇りに思う。失敗のシーズンだと言う人もいるけど、3つのトロフィーを手にしたという事実がある」と一定の満足感を示した。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:5/26(金) 0:01
SOCCER KING