ここから本文です

マンUのEL初制覇に貢献…MFエレーラ「一致団結が必要」決勝前日のテロ事件にも言及

5/26(金) 17:44配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Uは、24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝でアヤックスに勝利し、クラブ史上初のEL制覇を達成した。先発出場し、偉業達成に貢献したスペイン人MFアンデル・エレーラが試合後、会見でコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。

 UEFA(欧州サッカー連盟)のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたエレーラは、試合前日に起きたマンチェスターのテロ事件の被害者に勝利を捧げるとコメント。また、世界に向け、平和な世の中を実現する重要性を訴えかけた。

「とても嬉しい。ヨーロッパのタイトルは簡単には取れない。僕は5年前(アスレティック・ビルバオ時代)にEL決勝で負けた経験があるから。とても嬉しいけど、このトロフィーを犠牲になった方達に捧げたい。これはただのフットボールだけれど、数日前に起こったことはひどい。世界中の平和を願っている」

「僕たちはただのフットボール選手だけれど、自分たちのプレーを見てくれる人たちがいる。当たり前の世の中を実現させるため、戦うべきだ。今回はマンチェスターで起きてしまったけれど、世界中のどこだろうと、平和と尊重のため、一致団結しないといけない。お願いだから、もう攻撃しないでもらいたい。これ以上の犠牲者を出さないでもらいたい」

「昨日の朝は、チーム是認がショックを受けていた。本当に悲しかった。命とフットボールのどちらが重要かを考えれば、答えは言わなくともわかる。練習するのも難しいだったけれど、(ジョゼ・モウリーニョ)監督からは『自分たちにできることは、犠牲者のために試合に勝つことだ』と言われた。そして、それをやり遂げた。ただのフットボールの試合で、単なるトロフィーかもしれない。でも、もし(被害に遭った人たちの)1%でもサポートできるなら、僕たちにとっては十分だ」

 続けて、ストックホルムでの勝利、今シーズンのチームについて聞かれたエレーラは「ユナイテッドのユニフォームを切ればモチベーションも上がる。責任も重く圧しかかってくる。僕たちはイングランドで最も偉大なクラブだし、世界で最も偉大なクラブの一つだ。本来なら、プレミアリーグでもっと良い成績を残せたかもしれない。それはわかっている。ただ、3つのトロフィーを獲得できたのはファンタスティックなこと」と、答えた。

「今季最高の試合だった。もし勝てていなかったら、良いシーズンだったとは言えない。トロフィーを3つも勝ち取って、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したのだから、最高のシーズンだったと言えるよ」

 このコメントからもわかるように、ELのタイトルはクラブの将来にとって非常に重要なものであったことがうかがえる。

SOCCER KING

最終更新:5/26(金) 17:44
SOCCER KING