ここから本文です

5.28に伝統の関関サッカー定期戦!リーグ5連勝中の関大vsリベンジ狙う関学大

5/26(金) 9:57配信

ゲキサカ

 第95回関西学生サッカーリーグ1部・第8節にあたる『第62回関関サッカー定期戦』が28日、ヤンマースタジアム長居で行われる。関西学院大と関西大の熱く歴史ある一戦。今年はどちらに軍配が上がり、今後のリーグ戦に勢いをつけられるのか。関西大は勝ち点16での3位、関西学院大は勝ち点13での5位で伝統の一戦を迎える。

 昨年の関関戦は、前期後期ともに関西大が勝利した。しかし、前期は2-1、後期は1-0といずれも1点差という僅差での戦いであったため、今年も同様に接戦が期待される。

 関西学院大の攻撃陣の注目選手は確かな技術と類まれな攻撃センスを持つMF山本悠樹(2年=草津東高)。チーム内で得点を量産しているMF魚里直哉(4年=C大阪U-18)とMF中野克哉(3年=京都橘高)やサイドからの突破、一対一の対人戦に絶対的な自信を持つSB高尾瑠(3年=名古屋U18)にも注目だ。

 守備陣ではゲームキャプテンでもあるGK上田智輝(4年=京都U-18)、CBの4回生コンビの和田一真(4年=G大阪ユース)、小川原一輝(4年=関西学院高)を中心に完封勝利を目指す。

 対して関西大は、昨季から指揮を執る前田雅文監督の下、連動した攻撃、前線からのプレスと賢いディフェンスラインに注目だ。守備陣は空中戦で無類の強さを誇る荒木隼人、攻撃陣では、確かなパスセンスで中盤から攻撃のタクトを振るMF中井英人(3年=神戸U-18)、キャプテンで絶対的ストライカーFW竹下玲王(4年=磐田U-18)、そして昨季は1年生ながら全日本大学選抜に名を連ねた攻撃的SB黒川圭介(2年=大阪桐蔭高)が攻撃にアクセントを加える。

 リベンジに燃える関学、リーグ戦で勢いをつけている関大。熱き戦いに今年も目が離せない。また、試合だけでなく両大学OBのサイン入りスパイクが当たる豪華抽選会やハーフタイムショーでは、学生が主体となって考えた催し物もあるのでそちらにも注目だ。

■日時
5月28日(日)
13:50~ セレモニー
14:00~ キックオフ

■場所
ヤンマースタジアム長居

(提供 関西学院大学体育会サッカー部)

最終更新:5/26(金) 16:19
ゲキサカ