ここから本文です

モラタはミランがもらった!年俸9.4億円で個人合意か

5/26(金) 15:53配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーのFWアルバロ・モラタがセリエAの舞台に戻ってくるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』がミラン移籍で個人合意に達したと報じた。

 2014年7月にレアルから買い戻しのオプション付きでユベントスに移籍したモラタは、在籍2シーズンで公式戦93試合に出場し、27得点を記録。タイトル獲得に大きく貢献した。この活躍により、レアルが買い戻しオプションを行使。16年6月に復帰を果たしたが、今シーズン26試合の出場もスタメンは14試合にとどまり、ジネディーヌ・ジダン監督の起用法に不満を抱き、今夏の退団が取り沙汰されている。

 同紙によると、ミランはチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドらも狙うモラタに対して年俸750万ユーロ(約9億3600万円)を提示。この好条件にモラタの「イエス」を引き出したという。さらにレアルに対しては、移籍金6000万ユーロ(約75億円)のオファーを用意しているようだ。だが、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は争奪戦を引き延ばして価格を吊り上げるだろうと報じている。

最終更新:5/26(金) 18:32
ゲキサカ