ここから本文です

三菱自、ウクライナ警察に635台のアウトランダーPHEVを納車

5/26(金) 19:14配信

オートックワン

三菱自動車は5月25 日、ウクライナ警察への供給が決定していたアウトランダーPHEV635台を、同国における現地輸入販売会社であるエムエムシー ウクライナ社(MMCU)を通じて納車した。キエフで開かれた納車式では、首相をはじめ多数の政府関係者らが出席した。

このニュースのフォトギャラリー

今回の供給は、複数の日本企業とウクライナ政府が締結した排出権購入契約に基づいて実施された。ウクライナは京都議定書の下でのグリーン投資スキームを活用したCO2・温室効果ガスの排出量削減方針の一環として、警察車両としてアウトランダーPHEVを使用する。

なお、三菱自動車がグリーン投資スキームの下で車両供給を行うのは、エストニア政府向けのi-MiEV507台(2011年10月納車開始)に次ぎ、2度目となる。

三菱自動車 CEOの益子修氏は納車式で、「アウトランダーPHEVを高く評価頂き、警察車両として選んで頂いたことに感謝いたします。アウトランダーPHEVは環境に優しいだけでなく、車両運動統合制御システム S-AWC(Super All Wheel Control)などの最新技術を搭載しており、警察車両にふさわしい高い機能を併せ持っています」とあいさつした。

アウトランダーPHEVは欧州において、2013年の販売開始以降、累計8万768台(2016年末)を販売し、2016年まで4年連続で、プラグインハイブリッド車販売台数トップとなっている。

最終更新:5/26(金) 19:14
オートックワン