ここから本文です

欧州株:ほぼ変わらず-FOMC議事録やOPEC総会に注目

5/26(金) 1:48配信

Bloomberg

25日の欧州株式相場はほぼ変わらずとなった。24日公表された5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合議事録で、大部分の当局者がもう一段の利上げが近く適切になると判断していたことが明らかになった上、この日は石油輸出国機構(OPEC)総会が開かれていたため様子見気分が強かった。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.1%安の392.14で終了。金融銘柄と消費財銘柄が買われた一方、鉱業株と石油・ガス銘柄が下げた。この日は一部諸国が祝日のため休場だった。

FOMC議事録は6月利上げの可能性が大きいことを示唆した。フェデラルファンド(FF)金利先物市場も来月の利上げ確率をほぼ確実として織り込んでいる。

CMCマーケッツ(ロンドン)の市場アナリスト、マイケル・ヒューソン氏はリポートで、「6月はもう決まりだと市場は捉えているようだが、一部当局者はそれほど確実視していないようだ」と指摘した。

ストックス600指数は今週に入ってから約0.2%上げている。先週は昨年11月以来の大きな下げだった。

原題:Europe Stocks Steady as Traders Assess Fed Minutes, OPEC Meeting(抜粋)

Aleksandra Gjorgievska

最終更新:5/26(金) 1:48
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ