ここから本文です

ウォール街は米国債利回り低位安定を予想-利上げの影響ほとんどない

5/26(金) 11:06配信

Bloomberg

低水準に執拗(しつよう)にとどまる米国債利回りを受け、ウォール街のアナリストらは向こう数カ月の利回り見通しを下方修正している。米連邦公開市場委員会(FOMC)が追加利上げしようと、あまり影響はなさそうだ。

10年物の米国債利回りは現在2.25%前後と、年初来の低水準に近い。5月のFOMC会合議事録で追加利上げは近いものの、バランスシート縮小は緩やかな方針であることが示された24日、債券相場は上昇。ゴールドマン・サックス・グループやJPモルガン・チェースなどは今月、年末時点の米国債利回り見通しを引き下げた。追加利上げがあるとの予想は変えていない。こうした動きで浮き彫りになるのは、米経済は追加利上げを妥当とするのに十分な強さを持つが、昨年に利回りを過去最低に押し下げた債券市場の力学に変化はないというメッセージだ。

今年はこれまで、シナリオ通りの展開にはなっていない。インフレ鈍化を示すデータ、トランプ政権への信頼感低下、安全資産需要、当局のバランスシート縮小を債券市場は順調に消化できるとの確信の高まりなど、短期金利の道筋以外に投資家やアナリストらの見方に影響する要因はさまざまだ。

プルデンシャル・ファイナンシャルの債券事業でポートフォリオマネジャーを務めるリッチ・ピッチリリョ氏は「米国債相場は年内についてインフレと成長が落ち着いた状況を適切に織り込んでいるというのが、われわれの見方だ」と述べた上で、「6月の利上げをやめさせるには、弱めの消費者物価指数の数字が幾つか出る以外に、失望を呼ぶ内容の経済データがもっと必要になる。FOMCは金融政策の正常化を望んでいる」と述べた。

成長とインフレ押し上げ期待に基づくいわゆる、トランプトレードは政権がロシア疑惑などで立ち往生する中、風前のともしびだ。疑惑を巡る日々のニュースの展開が、米国債利回り低下につながる動きがこのところ見られる。

今年これまでの利回り低下について投資家やアナリストの多くが結局落ち着くのは、過去30年間の債券強気相場を繰り返し支えた要因となる。日本銀行と欧州中央銀行(ECB)が債券購入を続ける中で、米国債利回りが世界の中でも高水準の部類に入るという事実だ。それに加え、世界的な人口高齢化で債券需要が高まり、各国は財政赤字を計上。当然のことながら、経済成長も低空飛行で債券利回りも低くなる。

ナロフ・エコノミック・アドバイザーズのジョエル・ナロフ社長は「良好な成長と、米当局が行動するのに十分良好な成長には違いがある」と語り、「FOMCが利上げを続けるとの見方をやめるわけではないが、今年に入るに当たって予想したほどには政策金利は必ずしも上がらないと私は考える」と付け加えた。同氏は今月、10年債利回りの年末見通しを3.2%から2.8%に下げた。

原題:Wall Street Signals Bond Yields to Stay Lower, Fed Hikes or Not(抜粋)

Brian Chappatta, Liz McCormick

最終更新:5/26(金) 11:06
Bloomberg