ここから本文です

【ニュル24時間】スバルWRX STI、予選はクラス3位…ヴァンダム「目標はレース終了時の1位」

5/27(土) 1:07配信

レスポンス

クラス3連覇を目指してニュルブルクリンク24時間レースに参戦しているSTIチームの「SUBARU WRX STI」は、予選3位から今年の決勝レース(27~28日)に臨むこととなった。

[関連写真]

毎年恒例の注目行事ともなった、STIチームのニュル24時間レース挑戦。今年はカルロ・ヴァンダム/山内英輝/マルセル・ラッセー/ティム・シュリックという昨年同様の布陣で、クラス3連覇を目標に戦う年となっている。

予選1日目(25日)はSP3Tクラス1位。しかし予選2日目(26日)には、ヴァンダムの計測ラップ1周目に、上位クラス車両に道を譲らねばならない状況が発生するなどもした結果、タイム的な目標であった8分台突入を果たせず(ヴァンダムのベストは計測2周目の9分05秒367)。クラス順位も3位へと下がることになってしまった。意外に暑かったことも影響しているようである。

予選後のヴァンダムのコメント
「クルマはクオリファイングレース(4月の現地前哨戦的レース)の時と同様、良い仕上がりです。準備も順調ですが、この暑さだけが予想外です。いつものニュル24時間は、こごえるような寒さですからね」

「予選3位という結果は残念ですが、私たちの目標は24時間レースが終了したところで1位にいること。私たちは、私たちのやり方でレースに向けた準備を進めてきました。レース結果で他チームに勝利を譲ることはできません。私たちが優勝して、SP3Tクラス3連覇を果たします」

仕上がりは順調なようで、逆転には充分期待できそうだ。決勝はアウディTT、レクサスRCを追う局面から戦いを始めることになる。

《レスポンス 遠藤俊幸》

最終更新:5/27(土) 1:07
レスポンス