ここから本文です

(時時刻刻)「米国第一」欧州とズレ 対ロシア、融和か強硬か

5/27(土) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 英マンチェスターの爆破テロ事件の衝撃が冷めぬ中で主要7カ国首脳会議(G7サミット)が始まった。各国は「対テロ」での結束を確認。核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への圧力重視でも一致した。だがトランプ大統領の掲げる「米国第一」や、ロシアへの融和的な姿勢は、各国との不協和音を高めかねない。▼1面参照

 G7サミットで最初に話し合われたのは「対テロやシリア問題を含む外交政策やG7の役割」だ。22日に発生したマンチェスターの事件に対応した英国のメイ首相が議論を主導した。
 安倍晋三首相が「マンチェスターでのテロを強く非難する。……本文:4,143文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社