ここから本文です

『GUILTY GEAR Xrd REV 2』石渡大輔氏サイン会&豪華景品の当たる抽選会! 家庭用発売記念イベントをリポート

5/27(土) 3:02配信

ファミ通.com

文・取材・撮影:ライター H.H

 2017年5月25日、東京都秋葉原のソフマップ秋葉原アミューズメント館にて、アークシステムワークスの対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd REV 2』(以下、『GGXrdR2』)の発売記念イベントが実施された。

 本イベントは『GGXrdR2』の家庭用版発売日に合わせて実施された発売記念イベントだ。
 会場となったソフマップの店頭には抽選会コーナーが設置。本作を購入した人がレシートを持って訪れると、『GGXrdR2』関連の景品が当たる抽選を受けることができる企画が催された。景品の中には登場キャラクターがデザインされた缶バッジやポストカードなどと共に、同作ゼネラルディレクターの石渡大輔氏サイン入り大型ポスターも用意。数々の豪華景品が多数取り揃えられていた。

●石渡太輔氏サイン会
 ソフマップの1フロアでは石渡大輔氏のサイン会を実施。現地では時間別に区切られた整理券が配布され、券を受け取った本作購入者がフロアに来場して石渡氏からサイン色紙がプレゼントされた。
 石渡氏は来場者が申告した名前入りで直接サインすると共に、軽いトークにも快く対応。旧作から発売記念イベントには必ず訪れているファンや、たまたま上京するタイミングで発売日イベントに参加できたと話す人も存在し、幅広いファンと和やかに交流する姿が見られた。

●ミニインタビュー
 会場にはアークシステムワークス社長の木戸岡 稔氏が視察に来場しており、石渡氏と木戸岡氏のおふたりにお話をうかがう事ができたのでミニインタビューを掲載しよう。

--『GGXrdR2』発売おめでとうございます。発売日を迎えての率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

石渡太輔氏(以下、石渡) 発売日を迎えられて嬉しく思っています。やっと出せましたね(笑)。本作は『GGXrdR』シリーズの3作目となりますが、シリーズの開発中には“格闘ゲームは今後どうあるべきか”ということをスタッフとよく話していました。そこで話題となった“ゴール”に向かう、最初の部分をやっと踏み出せたという感覚です。

--サイン会でファンと話してみての感想はいかがでしょうか?

石渡 今日来てくれた方は『GGXrd』を長くプレイしていて、とても気を使ってくれる方が多かった印象です。僕に接してくれる『ギルティギア』ファンの方はとても温かく、嬉しくて幸せな時間でした。
 
--本作のストーリーでは今後の展開の鍵を握る話題は含まれますでしょうか?

石渡 本作ではショートストーリーの追加となっており、メインシナリオからは外れた、キャラやグループをピックアップしたドラマを描きました。それぞれの話題はそれぞれで完結しているストーリーとなっています。小ネタとしては、劇中でレオが電話をしているシーンがあるのですが、その相手は僕です! 劇中キャラのボイスを担当しましたのでご注目下さい(笑)。

--大小の大会を含む、対戦シーンへの期待はいかがでしょうか?

石渡 『GGXrd』シリーズは多くの大会が開催され、大型大会では見知った顔が多くなってきました。トッププレイヤーの方々には本作でも是非頑張って欲しいですね。また、今夏アメリカで開催されるEVO2017では本作がメインタイトルに選出されています。旧作では日本人選手が優勝してきましたが、今回は海外勢の活躍にも期待したいと思います。

木戸岡 稔氏(以下、木戸岡) 大型大会ではトッププレイヤーの活躍が見られますが、今日の発売記念イベントでは“2週間前からはじめました”といったプレイヤーの方が見られました。格闘ゲームから離れていた人が本作を機に戻ってきたという声も聞かれますので、長く続けて頂いているファンの方と新規プレイヤーさんの両方に、対戦を楽しんで欲しいと思います。

--『GGXrd』ファンに自由なメッセージをお願いします。

木戸岡 『ギルティギア』は1998年にプレイステーション版を発売し、19年目の今年に『GGXrdR2』となりました。来年が20年目となるわけですが、先ほど石渡からまだ“ゴールに向かう最初の部分”と話があり、私自身も次の5年が楽しみです。『GGXrd』は格闘ゲームとしての対戦だけでなく、ストーリーや映像でも楽しんで頂ける作品です。長い時間をかけてここまできたので、次の進化をファンの方々と一緒に楽しんでいきたいと思います。

石渡 『GGXrd』シリーズはできるだけ多くの人に遊んで欲しいという思いがあり、間口を広げることに努めてきました。『ギルティギア』は長く続けている強いプレイヤーが沢山いて、対戦に加わりづらいと思われてしまう面があるかもしれません。しかし歴史が長い故に、長くやっている人はもういい大人です(笑)。そういうプレイヤーさんは新しく始める人を歓迎する姿勢の方が多いので、新しく初めた方は是非オンラインロビーに集まって、友達を増やす感覚で遊んで頂ければと思います。

最終更新:5/27(土) 3:02
ファミ通.com