ここから本文です

チャン・グンソク AKB峯岸に“暴言”連発、SMAP解散は「残念」

5/27(土) 1:13配信

東スポWeb

 韓国の人気俳優、チャン・グンソク(29)が26日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、自身の恋愛とSMAP解散に言及した。

 グンソクは「ダウンタウン」の浜田雅功(54)、松本人志(53)、坂上忍(49)、ゲストのAKB48・峯岸みなみ(24)と、お酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」に登場。乾杯がスタートするや松本が「グンちゃん、ブルドック知ってる?」と、4~5年前から犬にソックリと言われ続けている峯岸をイジった。峯岸は松本の手を叩き「アイドル、アイドル」と言いながら「笑わないで!」と繰り返した。

 グンソクが「(峯岸と)会ったことはないけど、ニュースで髪の毛を短く…」と、言いかけたところで峯岸は「それはいいです」とさえぎった。スキャンダルで丸刈り謝罪したことを蒸し返されそうになるなど、ヒヤヒヤのスタートになった。

 モテ男とあって話題は恋愛問題へ。日本では交際を隠したり、結婚して初めて認めるケースが多いが、韓国ではスクープされたら交際をオープンにするという。松本から韓国の「芸能人と付き合ったことある?」と聞かれたグンソクは「1回もバレたことない」と即答。浜田の「グンちゃん、彼女おんの?」にも「バレたことないです」。峯岸らは「便利な言葉」と笑うしかなかった。

 日本の芸能人と付き合ったことはないが、願望はあるそうで、好みを聞かれると「誰でも好き」とストライクゾーンの広さを強調。ただ、峯岸の「誰でもいいんですか?」には「お前じゃないよ」と冷めた目で言い放ち、笑いを誘った。

 好きなタイプは北川景子、AKBでは「名前は知らないけど髪の毛が短い人」と告白。峯岸が「私、すごい短いときありましたよ」とアピールすると「うるさい!」と一喝した。

 グンソクが明かした口説きテクは「最初はドSキャラで、次からドMキャラになる」。峯岸への仕打ちも「ドSなのか?」の問いには「コイツは関係ない」ときっぱり。

 踊ることが趣味というグンソクは、酔って好きになると“お前を見ている”“お前が好き”とアピールするダンスをするという。グンソクは「韓国人は表現がストレートなんです。日本の女の子って、ボクがストレートに表現しないと12時くらいに電車の時間(終電)で帰っちゃう」と説明した。国民的アイドルながら、グンソクに冷たくあしらわれ続けた峯岸も“口説きテク”を実演されるとノリノリで応じ、ようやく笑顔を見せた。

 グンソク日本進出のきっかけは昨年大みそかをもって解散した国民的グループSMAPだった。

「韓国では俳優だったら演技しかしないという気持ちがあるんです。でも日本では。SMAPさんたちは演技、歌、MC、演劇もしていた。そういうリアルなエンターテイナーになりたくて、日本語を勉強してやってきました」(グンソク)

 SMAP解散のニュースを知ったときは「すごくびっくりした。思い出がある日本の芸能の先輩なのに…残念だなと思った」と悲しそうに話した。

最終更新:5/27(土) 1:13
東スポWeb