ここから本文です

野村敏京は5打差10位で決勝へ パク・ソンヒョンが首位浮上

5/27(土) 8:10配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<LPGAボルヴィック選手権 2日目◇26日◇トラビス・ポアントCC(6,734ヤード・パー72)>

宮里藍の14年間をフォトギャラリーで振り返る

米国ミシガン州のトラビス・ポアントCCにて開幕した米国女子ツアー「LPGAボルヴィック選手権」。第2ラウンドが終了し、トータル12アンダーまで伸ばしたパク・ソンヒョン(韓国)が首位に浮上した。

2打差の2位タイにはミンジー・リー(オーストラリア)とスーザン・ペターセン(ノルウェー)。トータル9アンダーの4位タイ勢はフォン シャンシャン(中国)ら5人がつけている。

今大会の結果で世界一位に躍り出る可能性があるアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が“66”の猛チャージ。トータル6アンダーの16位タイに浮上。もう1人可能性のあるユ・ソヨン(韓国)はトータル1アンダー59位で辛くも予選を突破している。

4人が出場している日本勢は野村敏京がトータル7アンダーの10位タイ。畑岡奈紗がトータル3アンダー44位タイ、横峯さくらがトータル2アンダーの59位タイ。上原彩子はトータル5オーバーの132位タイで予選落ちとなった。


(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>