ここから本文です

トランプ氏の独通商政策「非常に悪い」発言、米委員長が確認

5/27(土) 0:51配信

ロイター

[タオルミナ(イタリア) 26日 ロイター] - 米国家経済会議(NEC)のゲーリー・コーン委員長は26日、 トランプ米大統領が25日に欧州連合(EU)高官と会談した際、ドイツの通商政策について「非常に悪い」との見解を示していたことを確認した。

コーン委員長は記者団に対し「トランプ氏は(ドイツの)通商に関して『非常に悪い』と発言したが、ドイツとの間に問題があるわけではない」と述べた。

通訳者が英語の「bad」をドイツ語の「boese」と翻訳し、「evil」の意味も持つこのドイツ語を英文メディアが英語に再度翻訳し直したことで混乱が生じたとの見方も出ている。

最終更新:6/11(日) 13:39
ロイター