ここから本文です

ブイストローム全面改良 スズキ二輪、快適性向上

5/27(土) 7:58配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 スズキはスポーツアドベンチャーバイク「V―Strom(ブイストローム)」シリーズを全面改良し、排気量650CCモデルを30日、同1000CCモデルを6月26日にそれぞれ発売する。

 両モデルとも通常機種に加え、ホイールなど装備品を変えた上位機種「XT」を用意。1988年に発売したバイク「DR―BIG」のイメージを継承している。野性的で力強いデザインで、街中から高速道路、山岳路まで長距離ツーリングを快適に楽しめる。

 従来モデルよりもウインドスクリーンを高くして快適性を向上させたほか、エンジンは出力を上げ、排ガス規制にも対応させた。650CCモデルにはエンジンの出力を最適に制御する機能を新たに加え、1000CCモデルにはコーナリングで車体を安定させるシステムを新採用した。

 車体は黄、白、黒の3色。価格90万7200円~144万7200円。販売目標はシリーズで年間960台。

 従来モデルは650CCが2013年1月、1000CCモデルが14年6月に発売し、国内累計約3300台を売り上げている。

静岡新聞社