ここから本文です

(社説)債権法改正―国民への周知を丁寧に

5/27(土) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 契約に関するルールを定めた民法の規定(債権法)の改正案が成立した。社会の変化に対応するとともに、裁判を重ねて確立した考えを明記し、分かりやすくするのがねらいだ。
 実に120年ぶりの大幅見直しで、市民一人ひとりの生活や企業経営に大きな影響が及ぶ。このため法律が施行されるのは「公布から3年以内」と余裕をもって定められた。
 国や自治体はこの期間を有効に使って広報活動にとり組むとともに、消費生活センターなどで市民の支援にあたる職員の研修に努め、混乱を招かないよう万全を期してほしい。
 改正点は多岐にわたる。
 ▽当事者間で利息についての合意がないときに適用する「法定利率」を年5%から3%に引き下げ、さらに市中金利の動向をみて3年ごとに見直す。……本文:1,847文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ