ここから本文です

フジ亀山社長「責任を痛感」 退任前最後の定例会見

5/27(土) 6:00配信

デイリースポーツ

 6月に退任するフジテレビの亀山千広社長(60)が26日、都内の同局で、最後の定例会見を行った。ドラマプロデューサーとして「踊る大捜査線」「ロングバケーション」などを大ヒットさせてきたが、13年6月の社長就任以後は高視聴率ドラマが生まれず「ちょっと悔いが残ります」と残念がった。

 視聴率で民放3位転落からの再生を期待されるも伸び悩み、同局の営業利益も5期連続減と右肩下がりだった。志半ばでの退任に「やり残しは視聴率の回復だけ。責任を痛感しております」。

 14年には昼の看板番組「笑っていいとも!」を終了させ、「バイキング」がスタート。改革の是非を聞かれた亀山社長は「これからが証明してくれる」といい、次期体制に「社内が変わる」と期待した。今後はBSフジ社長に就任予定。