ここから本文です

プラレールと江戸切子・箱根寄木細工など伝統工芸が融合 もはや“おもちゃ”でなく“アート”

5/27(土) 13:10配信

ねとらぼ

 タカラトミーが、58年の歴史を持つ鉄道玩具「プラレール」と、日本の伝統工芸技術を融合した「伝統工芸×プラレール」を製作。江戸切子・箱根寄木細工・京都竹工芸・漆塗りの職人が、精巧な車両を仕上げました。どれも特有の表現が美しく、まさにアートと呼べるできばえです。

【画像】他の伝統工芸のプラレール車両

 同社が掲げたコンセプト「花火」を、名だたる職人たちがそれぞれの解釈で表現し3両編成の車両に。各伝統工芸のもつ技術・技巧・色味・模様などが集約されています。ただ美しいだけでなく、プラレール規格のレール上を電動走行することが可能。恐れ多い気もしますが、走る姿を見てみたい……。

 販売予定はなく、6月1日~4日に東京ビッグサイトで開催される東京おもちゃショー2017に出展。一般公開日は後半の3~4日となっています。

(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

最終更新:5/27(土) 13:10
ねとらぼ