ここから本文です

宮里藍 国内最終戦は6月「サントリー」の公算

5/27(土) 21:24配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

今季限りでの現役引退を表明した女子ゴルフの宮里藍が、所属先のサントリーが主催する6月の「サントリーレディス」で国内ツアーの参戦に区切りをつける公算が大きいことが27日、複数の関係者の話で分かった。

【画像】宮里藍のバックショット!?

宮里は2002年、高校2年時にアマチュアとして出場したサントリーレディスで、3位タイに入った。03年のプロ転向後、サントリーが所属先となり、04年には同大会で優勝を果たした。

長年にわたるスポンサードに対し、感謝の意味も込めて、サントリーレディスを国内最終戦とする見通し。6月8日に神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部で開幕する大会には、女子ゴルフ人気をけん引してきた“藍ちゃん”の見納めに大勢のギャラリーが詰めかけそうだ。

複数の関係者によると、「宮里藍選手が『サントリーレディス』を最後に現役引退」として、万全の準備を整えるよう指示するメールがツアー内でやり取りされている。また、宮里と関わりのある多くの選手も、言質は避けながら「最後になると思う大会で、一緒に頑張りたい」と口をそろえた。

宮里は29日、東京都内で引退表明の記者会見をする。